札幌の歯医者 百合が原ながの総合歯科 (7).JPG

審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とはむし歯や歯周病などの治療を行う一般の歯科治療と異なり見た目の美しさを得るために行う治療のことです。歯が欠けたり、治療のために削ったりしたとき、詰め物や被せ物、入れ歯などの人工物で歯の機能と審美的な要素を補う(補綴・ほてつ)の専門知識を当院は持っています。経験によってスキルを磨いた歯科医師が、高水準な審美治療を行います。

審美歯科.jpeg

種類

ハイブリッドセラミック

親和性・審美性が高いハイブリッドセラミックは、金属アレルギーの方も使用可能な白い素材です。ですが、e.maxと比較すると耐久性が劣るため、食いしばりや歯ぎしりには弱いです。また、時間の経過で表面のツヤがなくなったり、変色したりすることがあります。

ジルコニアセラミック

審美性、耐久性、親和性に優れているセラミックからできた白い素材です。特徴としては歯の色調を再現できる、金属アレルギーがあっても利用ができる、歯茎の変色が起こらないなどがあります。しかし、保険適用外のため治療費が高価です。

e-max

二ケイ酸リチウムガラスが主成分のe-maxというセラミックからできている、審美性と親和性に優れた白い素材です。天然歯のような透明感があり、金属アレルギーでも使用可能です。天然歯と強固に接着するのが特徴で、虫歯の再発リスクが低いです。ただし、天然歯より硬いため、周囲の歯を傷付けることがあります。

審美歯科.jpeg

メタルフリー

見栄えや健康の問題などのデメリットがある歯科金属を使用した歯科治療ではなく一切金属を使用しない歯科治療がメタルフリー治療です。一般的に詰め物・被せ物に使用される銀歯は年月を経ると口内で錆たり、溶け出し体内に取り込まれることによる虫歯、歯周病、金属アレルギーの発生など健康へのリスクが高まるとされています。そのため現在ではアメリカ、ヨーロッパなどの先進諸国ではほとんど使用されていません。保険の適用外の治療ですが当院では審美性に優れ体にも安全なメタルフリー治療を行っております。

百合が原ながの総合歯科_写真 (50)_edited.jpg